スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成人の日と元服

  • 2011/01/10(月) 10:13:52

今日は成人の日です。満二十歳になったら法的に成人ということでこれを祝う日です。
江戸時代以前は元服という儀式がありました。こちらは年齢は明確に定まってはいなかったようです、
でもだいたい数えの十五歳前後が多かったようです。今の中学生くらいですね。
元服では髪型を月代にに変え、名前を幼名から実名に変えました。
(例:牛若丸→義経)
名前にもその家代々の文字があるようで、織田家の「信」、毛利家の「元」等がその例です。
髪型の方は、月代(さかやき)になる訳ですが、時代劇とか見ていて何故あのような前頭部から頭頂部にかけてを剃り上げるのか不思議に思った方はいませんか?
私は、子供のころ「きっとあの髪型を考えた人は、ハゲ頭の権力者で、自分だけが髪のないのが悔しくてみんなにも剃らせたのでは」などと想像していました。
中学の頃戦国時代のドラマで兜を取った場面で、髷を結っておらず、カッパのような頭で周りの髪が肩までかかるような髪をしていたのを見て、「きっと、兜をかぶるとき安定し、蒸れないために頭頂部を剃ったのだな」と思いました。髷の方は、「ザンバラだとみっともなく邪魔なので髷を結って頭のてっぺんに乗せたのだろう。」と思いました。
そう考えると、元服で大人の仲間入りした若武者は、戦いで兜をかぶるため月代を剃ったということが納得がいきます。
では武士以外の町民や農民も元服で月代を剃ったのでしょうか?
武士にならって剃った人もいれば、兜や冠をかぶる必要がないのでそのまま髷だけ結った人(今の力士のような髪型)もいたのではないかと思うのですが、確信はありません。
詳しい人がいたら教えて下さい。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。