スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リサイクルについて

  • 2006/12/31(日) 10:00:00

スーパーやコンビニで商品を袋に入れず持参のバッグに入れて持ち帰るのが、環境にも良いと奨励されていますが、昔は買い物籠で八百屋や魚屋に買い物に行って、古新聞か何かで大根等の商品を包んで渡されました。豆腐なんか最初から包装されておらず、鍋かボールを持参して入れてもらっていました。よその家に贈答品を持っていく時は、風呂敷を使っていたし、余計なゴミの出ない生活を送っていたと思います。江戸時代に遡れば、町民の糞尿を近郊農家が買い付けに来て、これを畑の肥料として使い、それで育てた野菜を町に売りに行く、といったことも行われていました。衣服も何度も縫い直して使っていたようです。日本にはリサイクルの文化、もったいないの文化が昔からあったのでしょう。
 ところで、現在、古新聞は、資源ゴミといって、市町村が回収しこれを再生し、資金の足しにしているようですが、古新聞の回収の日には、怪しげなトラックが早朝から廻り、先に回収して問題になっているようです。古新聞を出す側としては、いらないゴミとして出しており、市町村から回収に伴う代金を頂戴しているわけでないので、先回りして回収する業者が、どんな罪を犯しているというのかよく分かりません。むしろ、市町村が資金の元となるものを只で回収していることの方が問題なような気もします。昔は、「くずや~、おはらい」と言いながら古新聞や屑を買い取っていた業者がいました。分銅の付いた棒を吊り下げて重さを量っていた記憶があります。資源となるものを回収するのであれば、金を支払ってでも回収しても良いような気がします。
現在は、パソコン等電気製品が不要になったときは、金を払って取りに来てもらいますが、本来は逆ではないのでしょうか? 捨てる人の方が多く、たいした儲けにもならない屑の買い付けをする人は少なく、バランスが取れないからそうしているのでしょうか?
 田中角栄さんが首相の頃、「消費は美徳」等と言われましたがその頃から何か変わってきたような気がします。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。