スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治維新と弥生人(?)の台頭の比較

  • 2006/11/09(木) 18:00:00

 江戸時代の日本人と今の日本人を比べると、食生活の相違で骨格も大きくなっているし、海外からの移住者も増大しています。百年前の東京と今の東京では、外人の数は格段に違うでしょう。地方都市でも同様です。でも、2000年後の日本人に、日本は明治以降、欧米文化をもたらした新たな人種により征服された等と言われたらどうでしょう?
 確かに、江戸時代までの文化と異なる文化が、明治以降海外から流れ込んできました。そして、日本人とは異なる人種の人が日本に住むようになりました。更に、そのような人達との混血も進んでいるでしょう。言葉も外来語の流入は膨大です。発音も多少変わってきています。また、江戸時代までと明治以降では統治機構も変わりました。でも、それは、海外からの人が日本を征服して新たな文化を築くのとは違います。
 縄文時代と弥生時代もそのような関係ではないでしょうか。つまり、縄文時代末期に、大陸から稲作文化や鉄器等高度な文化が流れ込み、そしてそれを伝える大陸からの人も日本に来ました。それで従来日本に居た人たちはどんどんそれを取り入れて行きました。また、大陸から来た人たちも住み良い日本に定住して行きました(大陸では戦国時代で難を逃れて来た人たちも多く居たことでしょう。)。言ってみればそれだけの事のように思います。また、日本列島の北端の北海道と南端の沖縄が原日本人の特徴を残しており、近畿地方を中心に弥生人的要素の強い人たちが分布している、ということを根拠とする渡来の弥生人による征服説についてですが、これも当時の為政者、権力者の周辺に渡来人が集まって来ただけと考えれば、征服云々ということにはならないと思います。一頃、騎馬民族が農耕民族日本を征服したといった説がはやったことがありましたが、日本には騎馬民族的な特徴を残すものは何一つ無く、この説は今は廃れていると言って良いでしょう。(参考:「騎馬民族は来なかった」)
これと同じようなものではないでしょうか。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ご訪問有難う御座いました。

騎馬民族に関して申し上げるなら、「醍醐味」という言葉があります。この原義は、チーズの加工品のことでなかったかと記憶しております。

言葉としては残っていても、日本人に長きにわり乳製品を食べる習慣がなかったことからしても、主流になれなかったけれど、ある程度の遊牧系の人々が日本にも来ていたものと想像されます。

読み応えのある内容なので、再訪させていただく予定にしています。

失礼しました。

  • 投稿者: 隊長ダガヤ
  • 2006/12/16(土) 09:57:13
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。