スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍術と武道

  • 2006/10/31(火) 17:30:00

 前回の続きです。忍者が敵の情報を依頼者に提供するためには、まず、敵地から見つからずに帰還しなければなりません。もし、敵に見つかった場合、追っ手から逃れ、生き延びて帰還することが必要です。最悪な場合、敵と一戦を交えるかもしれません。しかし、この時は、情報を持って帰るためには負けるわけにはいきません。刺違えもだめです。生き恥を曝さぬ死の美学なんか関係ありません。例え見苦しかろうと、情報を持ち帰るため、なんとしてでも敵の攻撃を防ぎ、相手にダメージを負わせ、生きて帰還しなければならないのです。ある意味非常に合理的な戦いが求められています。同じ戦いでも武道とは異なります。忍術のことを忍道とは言いません。武士が領地の農民・町民の上の立場で治めるため、徳が求められていたのに対し、忍者は陽の当たる所で脚光を浴びるような立場でなく、一般町民等とは接触の無い日陰者であったのも関係あると思います。
 しかし、その反面、忍者の戦い方は勝つことのみに関しては合理的と言えるのではないでしょうか。多少卑怯な手を使おうが関係なく、遠間から手裏剣を投げたり、煙幕を使ったり、自分が生き残れれば何でもありです。そんな忍者の使用していた刀は、切るというよりも突く方に重点があったといわれています。確かに、相手が鎧兜を着ていても突くのであれば、喉や脇等少しの隙間からでも致命傷を与えることが出来るような気がします。こう考えると武器のあり方も考えると面白いと思います。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。