スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和・洋のつく言葉

  • 2006/08/16(水) 09:10:00

 日本酒を飲んでいてふと気づいたこと。「洋酒」に対して「和酒」とはあまり言わないで、「日本酒」と言うのは何故でしょう。焼酎もあるからでしょうか。でも、それならいわゆる清酒と焼酎を併せて和酒と言っても良さそうなのに、という疑問がわきました。(一応辞書には「和酒」は出ていました。意味は「日本酒」と一言書いてありました。(角川国語辞典))
そこで「和」と「洋」を対で使う言葉、使わない言葉を考えてみました。

○「和」と「洋」を対で使う言葉
和風 - 洋風、 和式 - 洋式
和服 - 洋服、 和裁 - 洋裁
和装 - 洋装、 和食 - 洋食
和室 - 洋室、 和犬 - 洋犬
和学 - 洋学(漢学)、和算-洋算
和書 - 洋書、 和紙 - 洋紙
和綴じ-洋綴じ
 (和文 - 欧文・漢文 これは洋文とは言わないようです。)

○「日本」と「洋」を対で使う言葉
日本酒 - 洋酒、日本画 - 洋画、
日本間 - 洋間

○「邦」と「洋」を対で使う言葉
邦画 - 洋画(映画)、邦楽 - 洋楽

 さて、何か法則はあるのでしょうか? 「和」・「洋」の対が多いことから、基本的には、「和」・「洋」の対を使い、「日本」を使う場合は、その後の語が一音節(「シュ」、「ガ」、「マ」)のような感じがします。「邦」を使う場合、内容はあまり違わないけれど作者(監督、アーティスト)が日本人なのかどうかの違い、というような気がします。しかし、例外もありそうです。和書、和紙は、「ショ」も「シ」も一音節なので、「日本書」、「日本紙」と言っても良さそうですが、あまり言わないようです。何か規則性はあるのでしょうか?

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。