スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰暦七夕

  • 2006/07/31(月) 22:10:00

 7月31日は陰暦の7月7日七夕です。天の川を挟んだ織姫、彦星が一年に一度遭う話ですが、太陽暦の7月7日だと梅雨の最中で星空を眺めることができる年はあまりありません。陰暦であれば大抵梅雨は明けており、星空を眺めるのに適した時期となるでしょう。ちなみに七夕の時、笹に短冊をつるして願い事を書きますが、この短冊に文を書くことと7月を文月というのと関係があるようです。
ところで、今年は陰暦7月の次の月は閏7月です。太陰暦では月の満ち欠けで1ケ月を勘定していきますが、通常二十四節気の内2つが1ヶ月内にあるところ、月のめぐり合わせで、ある月に1つしか節気がなかった場合、閏月とします。今年の閏7月は、太陽暦9月8日の白露が太陰暦で閏7月16日、その次の節気が9月23日の秋分で太陰暦だと翌月になり、閏7月には二十四節気は白露しかありません。従って閏月となります。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。