スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和食の取り合わせ

  • 2006/07/02(日) 18:10:00

焼き魚に大根おろし、刺身にワサビと大根や海草のツマ、その他豆腐やそばにつきものの薬味・・・。これらの取り合わせは、味を引き立てるだけでなく、体の健康面でも良いようです。魚のような動物性たんぱく質に含有される毒性が、ワサビや生姜、大根のような根菜や海草を摂取することで中和されます。また、魚介類と野菜・海草をバランスよく摂取することは栄養面でも良いのは言うまでもありません。これにご飯と味噌汁で穀類、豆類も摂取できます。ただし、ワサビは市販のチューブに入っているのは、大半が西洋ワサビ(ホースラディッシュ)で、やはり本物のワサビをおろしてつける方が良いようです。ところで、世に言う健康(な)食品は単品で紹介されることが多いようですが、やはり人間は機械でないのである部分に良いと言われ、そればかり食べているとどこかに支障を来たします。誤解を恐れず大雑把に言うと、西洋医学等西洋の学問は、全体を細分化し、個別の最適を求めるのに対し、東洋医学等は全体最適を求め、体をトータルで診断していきます。和食の取り合わせも、刺身が旨いというだけでなく、ワサビや大根のツマを一緒に食べることでトータルとして健康に良いようになっています。1+1=2 が和ですが、それ以上の効果が出てくるのも「和の文化」の一つの特徴ではないでしょうか。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。