スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語は縦書き

  • 2006/06/24(土) 08:40:00

パソコンは勿論、ノートや手帳に書くときも横書きが大半ですね。縦書きノートは小学校の授業くらいになってきているのではないかと危惧しています。まだ、読む方は本も新聞も縦書きが主流のようです。それでも、理数系の本や囲み記事の一部は横書きになっています。人によって違うのかもしれませんが、私は数十ページ以上の文章を読むのは縦書きの方が楽で、数行の文章を固まりで読んでいるような気がします。本当はブログも縦書きにしていきたいのですが、まだ初心者なので検討中です。縦書きブログの宣伝で横にスクロールするのもありますが、無料ブログでできるのでしょうか?ところで、日本語は縦書きが基準と言うと「そんなことはない。昔の日本語でも右から左に書く横書きがあった。」と言われる方もいると思います。でも、それは横書きではありません。何故なら、横書きで数行にわたって書かれていないからです。右から左に横書きで書いてあるのは、例えば横長の額等で一行書かれているだけでしょう。あれは、実は縦書きなのです! 縦書きの一行が一文字で次の行に進んでいるのです。縦書きの行は右から左へ進みますね。そういえば最近、説明の表とかで縦書きに記入しているのに左から右に書かれているのを見たことがあります。表全体が横書き、つまり左上から右下へ目線が流れるような作りになっているので、やむを得ずそうしたのかもしれませんが若い人たちはあまり違和感を感じなくなっているのでしょうか。蛇足ながら、車両のサイドの横書き文字で右から左に書かれているのをたまに見ることがありますが、あれはおそらく右サイドに書くとき、車両の前部から後部にかけて、つまり進行方向にあわせて書きたかったからなのだと思います。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。