スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数字の読み方

  • 2011/10/08(土) 15:45:08

数字の読み方について思ったことを書いてみます。

一二三四五六七八九十
これらの数字は何と読みますか?
普通は、
イチ、ニ、サン、シ、ゴ、ロク、シチ、ハチ、ク、ジュウ
と読みますよね。これは音読み、つまり昔の中国語読みを日本で発音したものです。
とはいうものの現代の北京語とは発音が少しは似ていますがやはり違います。
イー、アー、サン、スー、ウー、リョウ、チー、パー、ジォウ、シー
というような発音ですが実際は四声が入ってもっと難しい発音です。
ところでこれらの数字に数詞がつくとどうでしょう?
例えば「番」をつけてみると、

一番(イチバン)、二番(ニバン)、三番(サンバン)、四番(よんバン)…
ン?
イチバン、ニバン、サンバンと来ているのに四番は「シバン」と言わずに「よんバン」か?
七番も「シチバン」より「ななバン」と読むことが多いし、九番は「クバン」でなく「キュウバン」と読むことが多い。
これらの読み方は「番」以外の数詞でも「本」、「号」、「匹」等ほとんど皆同様の読み方になるようです。

「十」以降の数字の読み方もも「十四」を「ジュウよん」、「十七」を「ジュウなな」と読むと重箱読みということになります。
軍隊の師団も一師団(イチシダン)、二師団(ニシダン)、三師団(サンシダン)、四師団(ヨンシダン)…
と読みます。四師団を(シシダン)と読むと「死師団」みたいでこの師団の兵は嫌がると思います。
同様に、九師団も(クシダン)と読むと「苦師団」みたいで嫌がるかもしれません。
つまり、数詞がついても基本的には音読みのはずなのに「四」と「九」だけは発音が「死」と「苦」を連想させるので読み替えているのではないでしょうか? しかし(キュウ)は音読みなのでまだ許せるのですが、(よん)は(よつ)の音便で訓読みです。
七(なな)も訓読みですね。訓読みは「ひ、ふ、み、よ、いつ、む、なな、や、ここ、とお」ですが、「つ」を付けると分かり易いと思います。
「ひとつ」「ふたつ」「みつ(みっつ)」「よつ(よっつ)」「いつつ」「むつ(むっつ)」「ななつ」「やつ(やっつ)」「ここのつ」「とお」
「一つ」は(ひつ)でなく(ひとつ)、「二つ」も(ふつ)でなく(ふたつ)、「九つ」も(ここつ)でなく(ここのつ)となります。これらは(ひつ)、(ふつ)、(ここつ)だと言いにくいからなのでしょうか。

「とお」には「つ」は付きませんでした。その分を「いつつ」が持って行ってしまいました。(嘘です)
「とお」は位が上がって、「百(もも)」、「千(ち)」、「万(よろず)}と同様の感覚で(つ)を付けて数える数字ではないのだと思います。
訓読みと言えば、日本古来の読み方では「十一」は読めないですね。「ジュウイチ」は音読みです。訓読みができないということは、古代の日本では、十一以上の数を数える必要性があまりなかったということでしょう。

閑話休題
数詞を付けると読み方が変わってしまうのはおそらく縁起が悪いから、というのが大きな理由ではないでしょうか。「死」と「苦」を避けて「よん」と「キュウ」と読むのはそれが理由だと思います。
では、「七番」が(ななバン)と読まれる理由は何でしょうか?
おそらく発音したとき「イチ」と聞き間違い易いからではないでしょうか。
「イチバン」なのか「シチバン」なのか分かりにくいので「七番」は(ナナバン)と読まれるのだと思います。
かつて北海道の旭川に旧陸軍の「第七師団」があったそうですが、この師団は「ダイシチシダン」と言われていました。
その理由は、明治天皇が「ダイシチシダン」と言われたからとのことです。音読みで発音すれば「シチシダン」が正しいと思います。現在、東千歳にある陸上自衛隊の七師団は「ななシダン」と言われているようです。アメリカ海軍の第7艦隊も「ダイななカンタイ」と言われます。もっとも、アメリカ人にしてみれば、「シチ」でも「なな」でもどちらでもよいのでしょうが…。
軍の話のついでですが、「一」は「ヒト」、「二」は「フタ」と読む習わしが旧軍にあり、今でも自衛隊でそう呼ばれるようです。「0」は「マル」と呼び、十二時を1200(ヒトフタマルマル)と言ったりします。
これも重要な時刻が誤って伝わらないよう、聞き間違いのないようにそう読むのだと思います。
ところで「0」は、数字としてもともと日本で認識されていなかったので訓読みがありません。「零(レイ)」は音読みで、「ゼロ」に至っては英語です。
たかだか一から十までの数字の読み方でも考えると色々あるようです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。