スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流派について

  • 2007/01/21(日) 16:43:50

 前回、合気道の流派について触れましたが、武道に限らず、書道や茶道、宗教等においても様々な流派が分派していると思います。キリスト教など教祖が2000年も前の時代の人あり、その言動の根拠といわれる聖書は更にその数百年後に書かれていたりで、実際にイエスキリストが何と言われ、どのような行動をされたのか、そしてそれはどのような意味があるのか、これらが後世の人々の解釈によって色々と変わって、分派していったのだろうと思います。合気道の開祖は明治生まれで、亡くなられたのは昭和40年代です。キリスト教などにくらべれば短い期間の歴史ですが、すでにいくつかの流派に分派しています。ご子息が継いでおられる合気会が一番本流とは思いますが、分派している流派を始められた先生は皆さん合気道開祖の盛平翁に直接教えを受けた方々で、その奥義を悟られた方々だと思います。
 教祖、開祖が言われたことというのは、おそらくそのTPOで最も適した表現であったと思います。それを別のTPOの時に応用しても普遍のものと、そうでないもの、或いは、大半の時には当てはまるけど、例外がいくつかあるもの、たまたまその時にだけ当てはまったもの等々があると思います。いくつかの分派された流派を見ていくと本質的なものは何かが分かってくるのではないかという気がしますが、そのような人は異端視されるのがオチかもしれません。何でも最初は、言われる通りに習うのが良いと思いますが、ある程度以降は自分なりに考えていくことも必要なのではないでしょうか。

スポンサーサイト

合気道を始めました

  • 2007/01/21(日) 16:00:00

 学生時代に合気道をやっていて、その後20年以上やっていなかったのですが、最近、「また、やってみようかな」という気持ちになって1月から始めました。
 学生時代には合気会の系統で、合気道の開祖植芝盛平翁のお孫さん(合気会ホームページのトップで技をかけている白髪の方、ちなみに当時まだ20歳代で若先生とお呼びしておりました。)に先生として来て頂いておりました。最近始めた合気道は植芝先生の弟子の藤平光一先生が創められた心身統一合気道会の系列の先生が教えている教室です。技は合気道ということで大体同じなのですが、重点というか気を付けるところが微妙に違います。学生時代の稽古は技の型を覚え、後はひたすら繰り返し練習していました。今、習っている心身統一合気道の方は、自分の体勢が崩れないよう(統一体と言っています)にすることや、気の出し方の方が重点で、余計な力みをなくさないとこの体勢を維持できません。
 個々の技の名称も「一教」から「四教」といった名称は概ね同じですが、合気会では相手の前面に出て行くのを「表」、背面から回転するように技を掛けていくのを「裏」と言っていましたが、心身統一合気道会の方では、前者を「入り身」、後者を「転換」と言っています。また、細かい所では、一教で腕を押さえに行く時に、心身統一合気道会の方ではスキップするような足運びをします。若干の差はあるものの、統一体を維持することを重点に、今の教室を継続して行こうと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。