スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「納豆」という名称

  • 2011/02/27(日) 12:22:24

納豆は日本ではどちらかというと
東日本の食品というイメージがあります。
現代では日本中どこでも売っているとは思いますが、
関西圏ではあまり食べられていないとも聞きます。
そこで素朴な疑問ですが、
納豆は中国から伝わった食品なのでしょうか?
それとも日本に古来からある食品なのでしょうか?
日本古来の食品であれば
大和言葉で名称があっても良いように思うのですが。

「もち(餅)」とか「のり(海苔)」は大和言葉だと思います。
餅は訓読みで「もち」、音読みでは「ヘイ」、
「海苔」なんかは完全に当て字です。
納豆(ナットウ)は音読みなので、
食品と一緒に名称が伝わったとも考えられえます。
納豆と豆腐が中国から伝わるときに誤って名前が入れ替わってしまった、
などとまことしやかに言うのを聞いたことがありますが、
どうもこれは眉唾のようです。
しかし、納豆が名称とともに中国から伝わったとすると
東日本より関西圏で多く食されてもいいような気がします。
実際、豆腐は名前とともに中国から伝わったと思います。
豆腐料理については湯葉も含めて京都でも有名です。
それに麻婆豆腐のように中華料理でも使われています。

では、納豆はどうでしょう。
東南アジアの方には似たような食品があると聞いたことがあります。
しかし、似て否なるものともいいます。
私は、納豆が東日本で昔からよく食べられているということから、
日本古来の、つまり日本起源の食品のような気がします。
ただその際、納豆という音読みの名称は何故?
という疑問は残ります。
もしかして、海苔のように「ナットウ」というもともとの大和言葉の発音に
もっともらしく「納豆」という当て字をしたのでしょうか?
「ナットウ」という響きがなんとなくネトネトとした状態を想像させます。

ところで、今まで書いた「納豆」は
あのねばねばとした糸を引く納豆のことを言っていたのですが、
ふと、気付きました。
同じ納豆でも全く糸を引かない甘納豆や塩納豆という存在もあります。
材料が「豆」という以外ほとんど別物のようですが
何故同じ名前なんでしょう?
甘納豆や塩納豆の方が中国から入ってきて
「納豆」という名称だけ借用したのでしょうか?
それでも、ではそれ以前は何と呼んでいたのかという疑問が残ります。

そこで私の珍説!?
もともと糸を引く納豆は「ナットウ」あるいは「ナト」「ネト」と呼ばれていた。
その後、今でいう「甘納豆」が「納豆」として中国から入ってきた。
しかしこれは全然別物。
ただ、これは発音がよく似ていて、材料も豆という共通点があった。
そこで今までの「ネト」が「ナットウ」と発音され「納豆」と表記されるようになった。

我ながら画期的な説と思いますが、如何でしょうか?

スポンサーサイト

素振りのできる部屋

  • 2011/01/04(火) 10:52:35

遅ればせながら明けましておめでとうございます
昨年12月に、仕事の関係で、また引っ越しました。
今度の家(マンション)は、地方都市の10階建ての10階で天井が高く、なんとリビングでも和室でも素振りができるのです。毎日、杖と木刀の素振りをしています。

鍋の季節

  • 2008/11/03(月) 11:31:12

久々のアップです。だんだん寒くなってきました。東京でも木枯らし1号が吹いたとか。これからの季節やっぱり鍋ですね。みんなでぐつぐつと煮えた鍋をつつきながら、和気藹々と食事をする。鍋に合うのは熱燗かな。体が温まって最高ですね。

和食の取り合わせ

  • 2006/07/02(日) 18:10:00

焼き魚に大根おろし、刺身にワサビと大根や海草のツマ、その他豆腐やそばにつきものの薬味・・・。これらの取り合わせは、味を引き立てるだけでなく、体の健康面でも良いようです。魚のような動物性たんぱく質に含有される毒性が、ワサビや生姜、大根のような根菜や海草を摂取することで中和されます。また、魚介類と野菜・海草をバランスよく摂取することは栄養面でも良いのは言うまでもありません。これにご飯と味噌汁で穀類、豆類も摂取できます。ただし、ワサビは市販のチューブに入っているのは、大半が西洋ワサビ(ホースラディッシュ)で、やはり本物のワサビをおろしてつける方が良いようです。ところで、世に言う健康(な)食品は単品で紹介されることが多いようですが、やはり人間は機械でないのである部分に良いと言われ、そればかり食べているとどこかに支障を来たします。誤解を恐れず大雑把に言うと、西洋医学等西洋の学問は、全体を細分化し、個別の最適を求めるのに対し、東洋医学等は全体最適を求め、体をトータルで診断していきます。和食の取り合わせも、刺身が旨いというだけでなく、ワサビや大根のツマを一緒に食べることでトータルとして健康に良いようになっています。1+1=2 が和ですが、それ以上の効果が出てくるのも「和の文化」の一つの特徴ではないでしょうか。

夏こそ和服

  • 2006/06/18(日) 11:30:00

日本の衣と住は特に、この湿気の多い夏の時期を考えて作られたのだと思います。「衣」について言えば浴衣が夏の代表的な服ですが、ピタッと肌につかず、どこからでも空気が対流し少しでも湿気を逃がすような作りになっています。履物も、下駄にしても草履にしても素足に履けば足の蒸れもなく気持ちがいいです。洋服のようにボタンをきっちり締め、ネクタイまで締めて、靴下はいて靴を履くというスタイルはどう考えても日本の夏には不向きです。昨年からクールビズでネクタイ締めず上着もいらないという格好が定着しつつありますが、職場内だけならよくても、どうも他の会社や初対面の人と会う場ではなんとなく気の引ける感じがします。ハワイではアロハシャツが正式の服装として認められているようですが(別にアロハシャツはハワイの伝統的な民族衣装でなく、西洋文明と接して創作されたものですが・・・)、日本でも和服がもっとビジネスの場でも着用されるといいのにな、と思うこともあります。中東地域でも国際会議の場とかで白いゆったりとした民族衣装を着ているのをニュース等で見ます。しかし、和服で通勤するとなると満員電車では、袂や袴の裾が引っ掛かったりして一寸不便かもしれません。ちなみに私は、この時期家の中では甚平で過ごしています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。