スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数字の読み方

  • 2011/10/08(土) 15:45:08

数字の読み方について思ったことを書いてみます。

一二三四五六七八九十
これらの数字は何と読みますか?
普通は、
イチ、ニ、サン、シ、ゴ、ロク、シチ、ハチ、ク、ジュウ
と読みますよね。これは音読み、つまり昔の中国語読みを日本で発音したものです。
とはいうものの現代の北京語とは発音が少しは似ていますがやはり違います。
イー、アー、サン、スー、ウー、リョウ、チー、パー、ジォウ、シー
というような発音ですが実際は四声が入ってもっと難しい発音です。
ところでこれらの数字に数詞がつくとどうでしょう?
例えば「番」をつけてみると、

一番(イチバン)、二番(ニバン)、三番(サンバン)、四番(よんバン)…
ン?
イチバン、ニバン、サンバンと来ているのに四番は「シバン」と言わずに「よんバン」か?
七番も「シチバン」より「ななバン」と読むことが多いし、九番は「クバン」でなく「キュウバン」と読むことが多い。
これらの読み方は「番」以外の数詞でも「本」、「号」、「匹」等ほとんど皆同様の読み方になるようです。

「十」以降の数字の読み方もも「十四」を「ジュウよん」、「十七」を「ジュウなな」と読むと重箱読みということになります。
軍隊の師団も一師団(イチシダン)、二師団(ニシダン)、三師団(サンシダン)、四師団(ヨンシダン)…
と読みます。四師団を(シシダン)と読むと「死師団」みたいでこの師団の兵は嫌がると思います。
同様に、九師団も(クシダン)と読むと「苦師団」みたいで嫌がるかもしれません。
つまり、数詞がついても基本的には音読みのはずなのに「四」と「九」だけは発音が「死」と「苦」を連想させるので読み替えているのではないでしょうか? しかし(キュウ)は音読みなのでまだ許せるのですが、(よん)は(よつ)の音便で訓読みです。
七(なな)も訓読みですね。訓読みは「ひ、ふ、み、よ、いつ、む、なな、や、ここ、とお」ですが、「つ」を付けると分かり易いと思います。
「ひとつ」「ふたつ」「みつ(みっつ)」「よつ(よっつ)」「いつつ」「むつ(むっつ)」「ななつ」「やつ(やっつ)」「ここのつ」「とお」
「一つ」は(ひつ)でなく(ひとつ)、「二つ」も(ふつ)でなく(ふたつ)、「九つ」も(ここつ)でなく(ここのつ)となります。これらは(ひつ)、(ふつ)、(ここつ)だと言いにくいからなのでしょうか。

「とお」には「つ」は付きませんでした。その分を「いつつ」が持って行ってしまいました。(嘘です)
「とお」は位が上がって、「百(もも)」、「千(ち)」、「万(よろず)}と同様の感覚で(つ)を付けて数える数字ではないのだと思います。
訓読みと言えば、日本古来の読み方では「十一」は読めないですね。「ジュウイチ」は音読みです。訓読みができないということは、古代の日本では、十一以上の数を数える必要性があまりなかったということでしょう。

閑話休題
数詞を付けると読み方が変わってしまうのはおそらく縁起が悪いから、というのが大きな理由ではないでしょうか。「死」と「苦」を避けて「よん」と「キュウ」と読むのはそれが理由だと思います。
では、「七番」が(ななバン)と読まれる理由は何でしょうか?
おそらく発音したとき「イチ」と聞き間違い易いからではないでしょうか。
「イチバン」なのか「シチバン」なのか分かりにくいので「七番」は(ナナバン)と読まれるのだと思います。
かつて北海道の旭川に旧陸軍の「第七師団」があったそうですが、この師団は「ダイシチシダン」と言われていました。
その理由は、明治天皇が「ダイシチシダン」と言われたからとのことです。音読みで発音すれば「シチシダン」が正しいと思います。現在、東千歳にある陸上自衛隊の七師団は「ななシダン」と言われているようです。アメリカ海軍の第7艦隊も「ダイななカンタイ」と言われます。もっとも、アメリカ人にしてみれば、「シチ」でも「なな」でもどちらでもよいのでしょうが…。
軍の話のついでですが、「一」は「ヒト」、「二」は「フタ」と読む習わしが旧軍にあり、今でも自衛隊でそう呼ばれるようです。「0」は「マル」と呼び、十二時を1200(ヒトフタマルマル)と言ったりします。
これも重要な時刻が誤って伝わらないよう、聞き間違いのないようにそう読むのだと思います。
ところで「0」は、数字としてもともと日本で認識されていなかったので訓読みがありません。「零(レイ)」は音読みで、「ゼロ」に至っては英語です。
たかだか一から十までの数字の読み方でも考えると色々あるようです。

スポンサーサイト

「納豆」という名称

  • 2011/02/27(日) 12:22:24

納豆は日本ではどちらかというと
東日本の食品というイメージがあります。
現代では日本中どこでも売っているとは思いますが、
関西圏ではあまり食べられていないとも聞きます。
そこで素朴な疑問ですが、
納豆は中国から伝わった食品なのでしょうか?
それとも日本に古来からある食品なのでしょうか?
日本古来の食品であれば
大和言葉で名称があっても良いように思うのですが。

「もち(餅)」とか「のり(海苔)」は大和言葉だと思います。
餅は訓読みで「もち」、音読みでは「ヘイ」、
「海苔」なんかは完全に当て字です。
納豆(ナットウ)は音読みなので、
食品と一緒に名称が伝わったとも考えられえます。
納豆と豆腐が中国から伝わるときに誤って名前が入れ替わってしまった、
などとまことしやかに言うのを聞いたことがありますが、
どうもこれは眉唾のようです。
しかし、納豆が名称とともに中国から伝わったとすると
東日本より関西圏で多く食されてもいいような気がします。
実際、豆腐は名前とともに中国から伝わったと思います。
豆腐料理については湯葉も含めて京都でも有名です。
それに麻婆豆腐のように中華料理でも使われています。

では、納豆はどうでしょう。
東南アジアの方には似たような食品があると聞いたことがあります。
しかし、似て否なるものともいいます。
私は、納豆が東日本で昔からよく食べられているということから、
日本古来の、つまり日本起源の食品のような気がします。
ただその際、納豆という音読みの名称は何故?
という疑問は残ります。
もしかして、海苔のように「ナットウ」というもともとの大和言葉の発音に
もっともらしく「納豆」という当て字をしたのでしょうか?
「ナットウ」という響きがなんとなくネトネトとした状態を想像させます。

ところで、今まで書いた「納豆」は
あのねばねばとした糸を引く納豆のことを言っていたのですが、
ふと、気付きました。
同じ納豆でも全く糸を引かない甘納豆や塩納豆という存在もあります。
材料が「豆」という以外ほとんど別物のようですが
何故同じ名前なんでしょう?
甘納豆や塩納豆の方が中国から入ってきて
「納豆」という名称だけ借用したのでしょうか?
それでも、ではそれ以前は何と呼んでいたのかという疑問が残ります。

そこで私の珍説!?
もともと糸を引く納豆は「ナットウ」あるいは「ナト」「ネト」と呼ばれていた。
その後、今でいう「甘納豆」が「納豆」として中国から入ってきた。
しかしこれは全然別物。
ただ、これは発音がよく似ていて、材料も豆という共通点があった。
そこで今までの「ネト」が「ナットウ」と発音され「納豆」と表記されるようになった。

我ながら画期的な説と思いますが、如何でしょうか?

成人の日と元服

  • 2011/01/10(月) 10:13:52

今日は成人の日です。満二十歳になったら法的に成人ということでこれを祝う日です。
江戸時代以前は元服という儀式がありました。こちらは年齢は明確に定まってはいなかったようです、
でもだいたい数えの十五歳前後が多かったようです。今の中学生くらいですね。
元服では髪型を月代にに変え、名前を幼名から実名に変えました。
(例:牛若丸→義経)
名前にもその家代々の文字があるようで、織田家の「信」、毛利家の「元」等がその例です。
髪型の方は、月代(さかやき)になる訳ですが、時代劇とか見ていて何故あのような前頭部から頭頂部にかけてを剃り上げるのか不思議に思った方はいませんか?
私は、子供のころ「きっとあの髪型を考えた人は、ハゲ頭の権力者で、自分だけが髪のないのが悔しくてみんなにも剃らせたのでは」などと想像していました。
中学の頃戦国時代のドラマで兜を取った場面で、髷を結っておらず、カッパのような頭で周りの髪が肩までかかるような髪をしていたのを見て、「きっと、兜をかぶるとき安定し、蒸れないために頭頂部を剃ったのだな」と思いました。髷の方は、「ザンバラだとみっともなく邪魔なので髷を結って頭のてっぺんに乗せたのだろう。」と思いました。
そう考えると、元服で大人の仲間入りした若武者は、戦いで兜をかぶるため月代を剃ったということが納得がいきます。
では武士以外の町民や農民も元服で月代を剃ったのでしょうか?
武士にならって剃った人もいれば、兜や冠をかぶる必要がないのでそのまま髷だけ結った人(今の力士のような髪型)もいたのではないかと思うのですが、確信はありません。
詳しい人がいたら教えて下さい。

素振りのできる部屋

  • 2011/01/04(火) 10:52:35

遅ればせながら明けましておめでとうございます
昨年12月に、仕事の関係で、また引っ越しました。
今度の家(マンション)は、地方都市の10階建ての10階で天井が高く、なんとリビングでも和室でも素振りができるのです。毎日、杖と木刀の素振りをしています。

トラックバックテーマ 第1021回「ご先祖様にまつわる話」

  • 2010/08/13(金) 14:16:27

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!今日のテーマは「ご先祖様にまつわる話」です。もうすぐお盆ですね・・・お盆といえば、ご先祖様のお参りに行く方も多いのではないでしょうか。水谷の御先祖様は、人形職人だったそうです。人形を作るような器用さは水谷は持ってないのですがその話を聞いたときは、ちょっぴり嬉し...
トラックバックテーマ 第1021回「ご先祖様にまつわる話」



続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。